神戸産学官交流会平成28年度海外視察研修活動記録
9月11日〜9月18日 ベトナム・ホーチミンおよびダラット周辺地域

視察研修の趣旨は我が国の近未来的TPP参加の可能性を踏まえ、TPP参加国の1つであるベトナム民主共和国南部地域の農・食産業の現況と未来を現場の視察および現場の人々と食に接することで「体感」することでした。 参加者は株式会社伍魚福のY様、神鋼リサーチ株式会社のF様、株式会社シンプロのM様、東亜機械工業株式会のK様、神戸産学官交流会会友のI様、株式会社テクノフローワンのM様、中村工業株式会社のN様、ART株式会社のK様、そして今回この研修に「友情参加」してくださった神戸大学農学研究科植物病理のT先生、神戸大学農学研究科食の安全安心科学センターのO先生です。 研修第1日目の早朝に関西空港に皆さん参集しました。ベトナム航空VN321便にて一路ホーチミンへ

press to zoom

出発時間が遅れたこと、そしてホーチミン空港周辺の悪天候のため予定の到着時間を1時間ほどオーバーして都合6時間かけてホーチミンに到着しました。

press to zoom

ベトナム社会主義共和国の面積は32万9241km2(日本の約90%)約9434万人、国民平均年齢は28歳。(参考:タイ34歳/中国35歳/日本45歳) 総人口の約半数が25歳以下の若者、人口の8割を40歳以下の年齢層で占めていることが圧巻です。研修では日本向けにどのような農産物・加工品生産が行われているのか?どのような日本の農産物・加工品がベトナムで人気があるのか?それら現場で改善・改良すべき点は何なのか?をとりあえず勉強してみようということになりました。

press to zoom

今回我々が訪問したホーチミン市はの旧名はサイゴン。古くからベトナムの経済的中心地として栄え、「東洋のパリ」と呼ばれたフランス統治の影響が残る街並みと、経済成長で建てられた高層ビル郡と雑多なバイク渋滞が同居し、アジアらしさを残す街並みです。登録人口ベースで800万人を抱えるホーチミン市はベトナム南部圏の中心として、同国GDPのおよそ半分を占め経済を牽引しているのです。とにかく通りのオートバイ(カブが殆んど)の数に圧倒されます。

press to zoom

ホーチミン市内のど真ん中あるPalace Hotelに投宿しました。ホテルの斜め向かいに高層ビルがそびえ立っていました。 この建物BITEXCO FINANCIAL TOWERというそうです。ホーチミン ベトナムで最も高い高層ビル:建物の上にある丸い部分はヘリポートだそうです。建物は地上68階、地下6階建て。高さは269m、日本なら横浜のランドマークタワーに次ぐ高さです。建てたのは現代建設(現代建設)は韓国の建設会社だそうです。オフィスやショッピングモール、 銀行、レストラン、エキシビジョンホール、スカイラウンジがあります。

press to zoom

ART株式会社ベトナムオフィスのHien Nguyenさんには大変お世話になりました。

press to zoom

研修2日目の午前、ドラゴンフルーツを日本やその他近隣諸国に輸出している日本企業ヤサカフルーツを視察しました。 日本へ果物を輸出するための植物防疫法上の問題点、ベトナム人を雇用するに当たっての問題点、それらの解決法と将来の展望について意見交換を行いました。

press to zoom

ヤサカフルーツのW様とから会社の事業内容等につきブリーフィング頂きました。現在 ベトナム産マンゴーと、ドラゴンフルーツに続き対日輸出しています。

press to zoom

燻蒸設備を開発・導入した。対象はドラゴンフルーツ(白)、マンゴー。申請中は、ライチ、ドラゴンフルーツ

press to zoom